記事一覧

これからの予定

「真金堂・日本酒の会」
◆日時 7月19日(金)19時~
◆場所 岡山市北区内山下1-8-2
      そばの店 真金堂
◆会費 5,000円
◆内容 落酒造さん(大正の鶴)の会

「銘木ばぁ(ユニタズ バー)・第7回日本酒祭り」
◆日時 8月9日(金)18時~22時30分
◆場所 岡山市北区石関町6-6
      有限会社中塚銘木店内 銘木ばぁ
※日程は変更になることがあります

「真金堂・日本酒の会」
◆日時 8月9月下旬
◆場所 岡山市北区内山下1-8-2
      そばの店 真金堂
◆会費 5,000円
◆内容 三宅酒造さん(粋府)の会

「真金堂・日本酒の会」
◆日時 9月10月下旬
◆場所 岡山市北区内山下1-8-2
      そばの店 真金堂
◆会費 5,000円
◆内容 辻本店さん(御前酒)の会

なお、「酒ショップ山本・試飲会」については検討を重ねた結果、6~8月もお休みをいただくことになりました。お中元の季節ということもあり、酒屋業務にいそしむ所存です。ご了承ください。
9月は○○○祭りやります。

お中元

ファイル 96-1.jpgファイル 96-2.jpgファイル 96-3.gifファイル 96-4.jpgファイル 96-5.jpg

真夏の贈り物 色々あります
ご検討下さい

大募集!!

「真金堂・日本酒の会」、いよいよ来週ですね!
真金堂さんの一階・二階を貸し切っての、大々的な開催を目論んでおります。
まだまだ参加者を募っておりますので、皆さまお誘いあわせの上、是非ともご参加ください。
詳細および申し込みは
そばの店 真金堂(Tel:086-222-6116)
酒ショップ やまもと(Tel:086-224-8820)

「真金堂・日本酒の会」
◆日時 6月21日(金)19時~
◆場所 岡山市北区内山下1-8-2
      そばの店 真金堂
◆会費 5,000円
◆内容 菊池酒造さん(燦然)の会

父の日に向けて

ファイル 94-1.jpgファイル 94-2.jpgファイル 94-3.jpgファイル 94-4.jpg

父の日 年一度の感謝デー 

御礼

「ふや平で御前酒の会」早、一週間が過ぎました
約400年の歴史がある「ふや平」さん、やっぱり感動が
ありました。美味しい旬の料理と旨い御前酒に堪能
しました。更に18代目の当主が話されるのに
蔵元を招いての酒席は、初めてのこと!だそうです
皆様と共にこの感激をわかちあうことが出来ました。
ホントに楽しい会が出来参加頂きました皆様に
心からの感謝申し上げます。

「麩屋平さん」の歴史です
ふや平の歴史
岡山城史に記載された記事の原文
精進・懐石・仕出し ふや平は、岡山藩初代藩主、池田光政が鳥取から岡山へのお国替えの際に付いてきた商家の一つといわれています。創業は寛永十三年(1636年)になっています。
この当時から、ふや平は料理業を営んでおり、池田藩が先祖を弔う際の料理(今でいう法事の料理)を受け持っていたといわれています。
当時は仕出しのみで営業をしており、岡山の神社仏閣に対して主に営業を行っていたものと思われています。
当店は、この流れを引き継いでいるためか、今でも御法事に当店を利用されるお客様が多くなっています。
近年は、仕出しのみならず、来店して料理を召し上がって頂くこともできます。

なお、参考までですが、昭和五十八年発行の岡山城史(昭和五十八年発行)にふや平について、次のように記されています。

「寛永九年に池田光政が鳥取から転封してきたときに、武士はもちろん、寺院や商人などもついてきたものがある。池田氏についてきた寺としては播磨から一寺、因幡・伯耆から八寺があったといわれる。国清寺などがよく知られている。元禄の地図によると六〇ヶ寺が城下にあったという。
 寛永九年に池田光政が鳥取から転封してきたときに、ついてきたといういわれをもつ商家の中に、丸の内の『ふや平』がある。殿様や家中が先祖の法要その他の仏事を行うときの御馳走は、必ず精進料理(普茶料理)であり、ふや平はそのような料理屋として、現在まで営業を続けている。岡山に移ったころは、片上町に住んでいたことが墓の石塔でわかるという。
『ふや平』ついて大正三年一月十七日付の『中国民報』に次のような記事がのっている。
『去る十四日岡山市小橋町国清寺住職、華山海應師は京都市画師鹿子木不倒画伯及び之が後援の人々を請待して、精進料理の饗応(ふれまい)をなしたが、いづれも其の美味に舌鼓を鳴らし、夫れから夫れへと座談に花が咲いて頗る面白い会食であった。国清寺の精進料理は古くから有名なものではあるが、ここまでお上手とは思わなかった。甚だ結構で御座ると、一同の心は期せずして之に一致してしまったのである。さてこのお料理は外でもない。市内は申すに及ばず、県下各寺院かつ池田候の御用を受けたる當時有名(とうじなだかい)の市内内山下麩屋平料理部の調進したもので、元来麩屋平は池田候が因州からお国替の際、国清寺に附随して岡山に移住した家筋で、爾来二百七十年の今日まで連綿と打続いて代々その御用命に接しているのである』

また大正四年六月七日の同紙にも、当時連昌寺に御留錫された村雲尼公猊下の食事を、ふや平が受持っている記事がある。」

イベントのお知らせ

先週のふや平さんの会の興奮も醒めやらぬうちに、さまざまなお酒の会が続きますよ。

「銘木ばぁ(ユニタズ バー)・第6回日本酒祭り」
◆日時 5月24日(金)18時~22時30分
◆場所 岡山市北区石関町6-6
      有限会社中塚銘木店内 銘木ばぁ
◆内容 大吟醸3種+純米3種の”大吟醸祭り”
いよいよ今週ですね!今回は一升瓶6本を用意してお待ちしております。

「岡山地酒 IN 後楽園」
◆日時 6月16日(日)11時30分~14時30分
◆場所 岡山市北区後楽園1-5
      後楽園鶴鳴館
◆会費 5,500円(チケット制、弁当・入園料込み)
◆内容 岡山地酒応援団主催の日本酒の会
酒ショップ山本にもチケットあります!

「真金堂・日本酒の会」
◆日時 6月21日(金)19時~
◆場所 岡山市北区内山下1-8-2
      そばの店 真金堂
◆会費 5,000円
◆内容 菊池酒造さん(燦然)の会

「真金堂・日本酒の会」
◆日時 7月中旬
◆場所 岡山市北区内山下1-8-2
      そばの店 真金堂
◆会費 5,000円
◆内容 落酒造さん(大正の鶴)の会

店内案内

ファイル 89-1.jpgファイル 89-2.jpgファイル 89-3.jpgファイル 89-4.jpgファイル 89-5.jpg

酒ショップ山本は、こんな店です

募集終了

5月15日(水)の「ふや平・日本酒の会」は定員に達しましたので、募集は打ちどめといたします。
多数のご予約、ありがとうございます。

今後はキャンセル待ちとなります。

泡盛「天座」について

ファイル 87-1.jpg

泡盛「天座」20年+5年古酒
 720ML入り 43度
 価格=1本のみ超特価 2万円

日本酒の会

真金堂の会、無事終了いたしました。少人数ならではの密度の濃い時間でありました。
今後のイベント告知です。

「ふや平・日本酒の会」
◆日時 5月15日(水) 18時30分~
◆場所 岡山市北区丸の内2-5-2
      ふや平
◆会費 6,500円、要予約20名限定
◆内容 精進・懐石・仕出し料理のお店「ふや平」にてお酒の会
一昨年の荒手茶寮「料亭料理とお酒の会」以来、久しぶりの”酒ショップ山本・御前酒クラブ・柚子彦合同企画”を開催します。皆さまお誘いあわせの上、是非ともご参加くださいませ。
この会には、御前酒の辻社長もお迎えする予定です。

「銘木ばぁ(ユニタズ バー)・第6回日本酒祭り」
◆日時 5月24日(金) 18時~22時30分
◆場所 岡山市北区石関町6-6
      有限会社中塚銘木店内 銘木ばぁ
◆内容 大吟醸5種+αの”大吟醸祭り”
日時が確定いたしました!ぜひお越しください!!